ホーム  > お知らせ・募集一覧  > 「ESD岡山アワード2021」授賞事業が決定しました!

「ESD岡山アワード2021」授賞事業が決定しました!

公開開始日:2021年10月28日

ESD岡山アワード2021とは?

ESD岡山アワードは、国内外で取り組まれているESD活動の中から優れた取り組みを表彰し、多くの人々に知っていただくことで、ESDを普及することを目的として2015年度から実施しているものです。

スライダーアイコンnext これまでのESD岡山アワードについてはこちら

 

授賞事業

ESD岡山アワード2021について、予備選考を通過した授賞候補事業10件(応募国/地域数48、応募件数118件)の中から、審査会を経て、以下のとおり授賞事業2件が決定しました。

  

【事業名】
多様な手法による水質改善事業

【Project】
Wise Wayz Water Care

  

【団体名】
人々と地球のための仲間たち(南アフリカ共和国)

【Organization】
Triple-P ― Partners for People and Planet (Republic of South Africa)

 

Wise Wayz Water Care 02
Wise Wayz Water Care 03

 

Wise Wayz Water Care 01

 

事業内容


南アフリカ共和国の非営利団体が、ダーバン市に流れる河川周辺地域において、社会、経済、環境問題を包括的に解決するための河川環境改善事業。流域住民の健康改善と、住民による率先した河川管理を促し、持続可能な経済発展ができるよう支援する。事業は河川流域の廃棄物処理と外来植物の除去、河川の水質管理、水道配管の管理、農業等の技能開発とビジネス展開など多岐にわたる。

スライダーアイコンnext 紹介動画 別サイト

 

  

【事業名】
リテラシー教育への第一歩事業

【Project】
Ladders to Literacy

  

【団体名】
Streets to Schools(フィリピン共和国)

【Organization】
Streets to Schools (Republic of the Philippines)

 

Ladders to Literacy 02
Ladders to Literacy 03

 

Ladders to Literacy 01

 

事業内容


フィリピンの若者や子どもたち主導の非営利団体が実施する識字教育に関する事業。貧困等あらゆる境遇の子どもたちにも質の高い教育を与え、持続可能な開発目標(SDGs)に向けた行動を促すことに焦点を当てる。若者や子どもたち自身が、地域のさまざまな人たちの協力を得てSDGsに関する絵本を作成。女性の地位向上、公衆衛生、コミュニティの安全安心、子どもの権利、リーダー育成、貧困改善など、各地域が直面する課題に合わせて、さまざまなテーマに取り組む。

スライダーアイコンnext 紹介動画 別サイト

 

授賞事業のプレゼンテーションをオンライン配信します

「おかやまESDフォーラム2021」において、ESD岡山アワード2021授賞団体によるオンラインプレゼンテーションを行います。

日時:令和3年11月20日(土曜日)13時から14時頃

会場:岡山国際交流センター2階国際会議場(岡山市北区奉還町2-2-1)及びZoomによるオンライン開催

プログラム

・岡山市長祝辞
・ESD岡山アワード2021審査委員長講評
・授賞団体によるオンラインプレゼンテーション(同時通訳あり)

申込方法:下記リンク先または二次元コードから申込フォームに入っていただき必要事項を記入してください。

スライダーアイコンnext 申込フォーム 別サイト

申込フォームの二次元コード

二次元コード

上記入力フォームに入るのが難しい方は、下記リンク先の「おかやまESDフォーラム2021」のページの申込方法をご覧ください。

スライダーアイコンnext 「おかやまESDフォーラム2021」を開催します 別サイト

後日、プレゼンテーションの様子をYouTubeにアップ予定です。