ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【共生】  > 地域ワークショップ(2019年度)【御南西公民館】

地域ワークショップ(2019年度)【御南西公民館】

公開開始日:2020年03月26日

sdgs_icon_3

sdgs_icon_11

「福祉のまち」をめざし、だれもが安心して暮らせる町へ

御南西公民館

内容

御南中学校区は、岡山県立西支援学校やひらた旭川荘・南野育成園・高齢者向けの福祉施設等が多数あります。地域住民の中には、長年にわたり、それらの学校や施設等へ楽しんでボランティア活動に行っています。また、支援学校や施設のいくつかは、公民館をはじめとした施設や地域のイベントに積極的に参加しています。そのような日々の取り組みと人々の交流が、夏に開催される「星空サマーコンサート」の土台となり、この御南中学校区の結束を深めてきました。 

御南西公民館では、この長年培われてきた地域性を土台としながら、さらに「だれもが安心して暮らせる街にしていく」ための学習を進めています。今年度の「地域ワークショップ」では、学習・体験・ワークショップなどを行いました。第1回目は、児童を対象として中学生ボランティアに協力していただきながらアイマスクを着用して視覚障害を体験し、車いす操作も体験をしました。

参加者からは、「車イスや目のみえない人はこわくてたいへんだと思った。道に自転車とか停めると邪魔になると思った」など、実感がこもった感想が寄せられました。また最終回には、地域住民や各施設・学校園の職員などが集まり、ワークショップを行いました。開会前に、岡山県立西支援学校高等部による野菜や焼き菓子販売を行い大盛況でした。このワークショップでは、前半は、学区の御南中学校と西小学校の教員が、発達障害がある子ども達とその親をどうように支援しているかについて報告をしました。

そして後半は、参加者がグループに分かれ、地域で発達障害がある子どもやその親をどのように支援していくかについて話し合いました。参加者からは、沢山の質問・意見・感想などが寄せられました。また、アドバイザーからは、支援の仕方の具体例を教えて頂いたり、子どもや親への向き合い方について教わりました。地域住民、各施設・学校園の職員が一同に集まり、意見交換をするかけがえのない機会となりました。

メッセージ

地域の中で住民が相互につながりを持ちながら社会的弱者の方々を支え、だれもが安心して暮らしていける街づくりを目指すため、御南西公民館がその拠点となるよう、今後もこの「地域ワークショップ」を継続していきます。みんなで学び、みんなで考え、みんなで話し合うことが、人と人とつながりを深め、目指す「まち」に近づく一歩となります。あなたも、一緒に参加しませんか。 

関連リンク