ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【環境】  > ママフェスフリマ(2019年度)【旭東公民館】

ママフェスフリマ(2019年度)【旭東公民館】

公開開始日:2020年03月26日

sdgs_icon_11

sdgs_icon_12

子どもの不用品販売で、ママ同士交流の場に

旭東公民館

ねらい

公民館利用者が高齢化していて、子どもや子育て世代にももっと公民館を利用してもらい、地域で活動するきっかけができればと考え、ニーズを探るために、公民館ロビーで「したいことアンケート」を実施。その際に、「公民館でフリマをしたい」と相談がありました。
ともに取り組むことで、(1)次世代が地域で活動するきっかけづくり、(2)子育て世代のつながりづくり、(3)循環型社会の実現、などに貢献できればと考えました。

対象

企画しているのは、子どものダンス教室の送迎や世話のために公民館によく来ている乳幼児・小学生のお母さんたち。出店者募集は、募集チラシの配布・店舗等への掲示依頼に加え、ママ友同士のLINEや口コミなどもフル活用しています。
「ママフェスフリマ」と銘打っていますが、出店/来店者を「ママ(世代)」と限定しているわけではなく、世代をこえた様々な方に参加してほしいと思っています。

内容

フリマの開催。
出店10ブース可能。ほかにも、無料コーナー、子どもの出店や、子どもが楽しめるゲームコーナー、飲食スペース、作業所のパン販売など。

活動日

2020年度は6月、11月に予定。

関連リンク