ホーム  > 公民館のESD  > 公民館の実践事例【健康】  > あしもりウォーク(2019年度)【足守公民館】

あしもりウォーク(2019年度)【足守公民館】

公開開始日:2020年03月26日

sdgs_icon_3

sdgs_icon_11

みんなで歩いて健康長寿~地域に広げよう 健康の輪~

足守公民館

ねらい

足守中学校区の住民は運動が不足している傾向にあることが「健康市民おかやま21」の中間報告で明らかになりました。さらに、足守地域は高齢化が進んでおり、介護予防の視点からも継続した運動機会の提供が必要でした。
そこで気軽に取り組めて継続しやすいウォーキングを通じて健康づくりを行なうことになりました。足守地域周辺を歩きながら自然や歴史に触れ、参加者同士の交流を図ることで仲間づくりにもつながっています。

内容

日常的にウォーキングに取り組んでいる参加者も多く、回を重ねるにつれ、新しいウォーキングコースを開拓してきました。歩く前と後のストレッチ体操も体にとって重要で必要不可欠です。当館では平成21年度に開催した「健康づくり体操(ストレッチ)サポーター養成講座」の受講生が集まってS.S.K.(さわやかサポーターの会)を立ち上げ、地域住民の健康のためにサポートしています。この「あしもりウォーク」でも毎回、その会のメンバーの協力で、全員揃ってストレッチ体操を行なっています。

3月には毎年、有志のメンバーが集まって反省・企画会を行なっています。回収したアンケートの結果をもとにアイデアを出し合い、次年度のウォーキングコースを検討・企画しています。そこで各回の担当者を決めて、実施日のひと月前までには下調べ(ある程度のまとまった人数で歩いて安全な道か、トイレの問題などを検討)を行なっています。この運営方法が軌道に乗り、毎回各担当者で責任をもって行なうことができるようになり、当日の案内資料を作成し、他のメンバーを導いてもらえるようになりました。

これからの展望

より多くのメンバーに企画に関わってもらうことで内容が豊かになり、マンネリ化を防ぐことにもなるので、引き続き3月には企画会を開き、新しいメンバーや新規の参加希望者にも積極的に参加してもらい、主体的に関わる人を少しずつ増やしていきたいと考えています。
企画会でより多くの方が積極的に参加し協力しあうことで、新しいウォーキングコースの開拓にもつながり、メンバー同士の交流も深まって、より楽しく和気あいあいとしたウォーキングを実施することができます。

メッセージ

今、一人でウォーキングを実施されている方、これから始めようと思われている方、一人で歩くよりも仲間がいる方がずっと楽しいし継続しやすく、ご自身の健康にもよりプラスになり、より安全に実施できるので、ぜひ一緒に仲間に加わってみませんか。

活動日

4月から2月(7月・8月は休み、3月は企画会)の第3火曜日

関連リンク