ここから本文です。

前のページに戻る トップページに戻る

  • 基本情報
  • 活動PR1

更新日:2016年04月26日

地域子育て応援隊「あそぼう屋」

団体名

地域子育て応援隊「あそぼう屋」

子育て支援・少子化支援
フリガナ チイキコソダテオウエンタイ「アソボウヤ」
主な活動分野
  • 障害福祉
  • 子育て支援・少子化対策
  • 子どもの健全育成
  • 職業能力・雇用機会
設立年月日 平成21年7月1日
目的 地域の子育て力向上及び学生の実践力育成のため
活動内容 ・地域の幼児クラブの親子との交流及び育児相談・学童保育児童との交流・障がい児の親子との交流及び育児相談
・近隣の保育園児との交流(人形劇・オペレッタ等の観劇及び乳幼児とのふれあい遊び)
事務所の所在地 703-8560     岡山市北区祇園866
代表者 板谷 正夫
代表者フリガナ イタダニ マサオ
電話番号 086-275-0145 
FAX 086-275-3283
Eメール g-jidou@asahigawasou.or.jp
ホームページ http://asahigawasou.ac.jp/gakuin/別サイト

地域子育て応援隊「あそぼう屋」

みんなでいっしょにあそぼうや

団体名

地域子育て応援隊「あそぼう屋」

活動場所 旭川荘厚生専門学院、よしい川キャンパス三世代交流センター  
活動日時 6/14、8/9、10/14、11/25、12/9(平成28年度予定、変更あり)
入会金 無料
年会費 無料
協働の実績 平成21年より岡山県備前県民局との協働事業開始
表彰実績 平成23年度夢づくり推進賞

活動概要

学生主体で、企画から準備・実践・反省という流れに責任ある立場で関わることにより実践的な学習を進めています。子どもの年齢に応じた内容を選択してプログラムを立案し、イベントをスムーズに進行させます。

活動のきっかけやはじまり

創立以来、周辺の福祉施設と連携を取りながら実践的な保育士養成に力を入れています。体験として乳幼児と触れ合う機会が少ないので、実際の親子の触れ合いを見ることにより、子育ての意義に対する理解、そして地域に貢献できる養成校を目指してこの活動を始めました。

活動への思い

子育て支援に参加することにより、関係機関と連携して子育て支援体制の強化に協力することを目的とし、学生にとってはより実践的な体験を通して保育者としての姿や、次世代の母親像を描くことができるようになってほしいと思います。

活動内容

地域における親子クラブや子育てサークル等と連携を取り、旭川荘厚生専門学院リズム棟や西大寺にある吉井川キャンパス「三世代交流センター」において、年間を通して子育て支援を行っています。特に就学前の親子に積極的に関わり、参加者の子育てに対する悩み、相談等にも職員が対応しています。地域の保育園とも連携を取り、会場に招待し元気で明るく活動的なプログラムを通して親子で楽しく遊ぶ中で、子どもとの関わりや発達を理解し、学生のコミュニケーション力向上を目指しています。また、備前県民局との協働により、他市町村に出向いて子育て支援も行ったり、障がい児や学童児との交流も行っています。平成27年度も開催を予定していますので、詳しくは旭川荘厚生専門学院のウェブサイトをご覧ください。

活動写真

あそぼう屋活動写真

オペレッタや手遊び、ダンス、ふれあいあそび等をして楽しみます。

ページトップへ戻る