ここから本文です。

前のページに戻る トップページに戻る

  • 基本情報
  • 活動PR1

更新日:2020年04月27日

団体の写真

団体名

岡山ポリフォニーアンサンブル

文化・芸術振興
フリガナ オカヤマポリフォニーアンサンブル
主な活動分野
  • 社会教育
  • 文化・芸術振興
設立年月日 昭和58年
目的 中世ルネサンス及びバロックの音楽を楽しく研究し、その紹介・普及に寄与するとともに、会員相互の親睦を図る。
活動内容 定期的な練習活動(月4回程度・器楽部門別途決定)、年間1回程度の定期演奏会の開催、その他本会の目的に必要な事業、合唱部門と器楽部門(リコーダー・アンサンブル)併設
事務所の所在地 703-8232    岡山市中区関388-5 ナンバ方
代表者 有馬 雄二郎
代表者フリガナ アリマ ユウジロウ
電話番号 086-279-7021(ナンバ方)
FAX 086-279-7021(ナンバ方)
ホームページ https://okayama-polyphonie-ensemble.jp別サイト
その他関連情報

[文化分野]洋楽・器楽
[文化分野]合唱・声楽
[社会教育分野](その他)その他生涯学習

団体の写真

古楽を愛好するアマチュアの団体です。

団体名

岡山ポリフォニーアンサンブル

会員数 35名
活動場所 岡山市立京山公民館他
活動日時 月4回程度 土曜18時から21時 日曜13時から17時
入会金 なし
年会費 18,000円(月1,500円) 学生優待 他に、演奏会負担金10,000円から15,000円
表彰実績 平成6,7年度 岡山県芸術祭賞

活動概要

通常、ルネサンスのア・カペラ合唱曲、リコーダー・アンサンブル、バッハのカンタータ等器楽付合唱作品の3部構成で、年1回の演奏会を行っています。5年ごとの記念演奏会で、「大曲」を採り上げてきました。

活動のきっかけやはじまり

現岡山ポリフォニーアンサンブルは、1983年古楽を愛好する人たちがたまたま出会い、当時活動休止していた本団体を再建したことに始まります。

活動への思い

昭和の時代より古楽専門の団体として、日本ではあまり認知されていないこの分野の音楽を地道に追究し、岡山の皆様に紹介して参りました。
今後もこの活動を継続して、皆様に古楽の素晴らしさに触れて頂きたいと願っています。

活動内容

毎年演奏会は、11月から12月上旬に行っており、11月から12月に少しお休みした後、12月後半から、ゆるゆると練習を再開します。1月上旬に、総会を開いて、前年度決算・当年度の事業計画等について説明があります。5年ごとに、周年記念演奏会を開催しており、「ヨハネ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」「モテット第3番」「カンタータ第30番」「ロ短調ミサ曲」(バッハ)、「メサイア」(ヘンデル)等を演奏しました。バッハ作品等を演奏する際は、小オーケストラとともに演奏を行っております。

活動写真

第33回演奏会(第2ステージ)

第33回演奏会(第2ステージ)より
器楽グループ「ルネサンスからバロックへ~移りゆくイタリア音楽の調べ」

第33回演奏会(第3ステージ)より

第33回演奏会(第3ステージ)より
J.S.バッハ カンタータ第147番

ページトップへ戻る