ここから本文です。

前のページに戻る トップページに戻る

  • 基本情報
  • 活動PR1

更新日:2018年03月26日

社会教育

団体名

CAPおかやま

社会教育
フリガナ キャップオカヤマ
主な活動分野
  • 子育て支援・少子化対策
  • 社会教育
  • 地域安全・防災活動
  • 男女共同参画
  • 子どもの健全育成
設立年月日 平成8年4月1日
目的 ・子どもをあらゆる暴力の加害者にも被害者にもしないために、子どもへの暴力防止教育活動を実施します。      
・暴力のない社会の実現を目指します。 
活動内容 ・CAP(子どもへの暴力防止)プログラムの提供。 
・子どもの人権擁護、暴力防止に関する個人及び団体との交流。
・子どもの人権擁護、暴力防止に関するニュースレターの発行、講演会等の情報発信。
・目的を達成するために必要な活動、事業。
事務所の所在地 700-0045    岡山市北区葵町2-15-101
代表者 山下 明美
代表者フリガナ ヤマシタ アケミ
電話番号 086-255-1172
FAX 086-255-1172
Eメール cap_okayama@hotmail.co.jp
ホームページ https://www.cap-okayama.net/別サイト

社会教育

すべては子どもの安心・自信・自由に!

団体名

CAPおかやま

会員数 正会員11名、賛助会員52名
活動場所 幼・保、小中学校等各種学校、児童養護施設、公民館等
活動日時 不定期
入会金 なし
年会費 正会員:4,000円、賛助会員:2,000円
協働の実績 岡山市民協働事業、岡山県「安心子ども基金」、岡山県民局との協働事業、その他赤磐市、瀬戸内市、高梁市の委託事業等
表彰実績 2012夢づくり推進賞、2016岡山市くらしやすい福祉のまちづくり表彰

活動概要

CAPおかやまは、県南部を中心に、子どもたちがいじめ・虐待・性暴力等、様々な暴力から自分を守るための教育プログラム「CAPプログラム」を、劇や話合いを交えたワークショップを通して提供しています。

活動のきっかけやはじまり

女性の人権を考える人たちが集まり、子どもの人権を守る取り組みも必要と考え、1995年に各地で実施されていたCAPスペシャリスト養成講座で資格を取得した人が会を発足しました。

活動への思い

子どもの人権が尊重され、子どもへの暴力のない社会は、誰にとっても人権が尊重され、暴力を受けることのない社会。その実現のために多くの子どもたちや大人たちとワークショップで出会い、考え、協働していきたいと思います。

活動内容

・ワークショップ主催(CAPプログラム、気持ちのワーク、デートDV予防、性の健康教育、和みのヨーガ等)。
・「CAPほっとカフェ」の定期開催(月一回)。
・通信発行(年三回)。
・外部講師による公開講座、研修、映画上映会等の開催。
・岡山市オレンジリボンキャンペーン実行委員会への参加。

ページトップへ戻る