ここから本文です。

前のページに戻る トップページに戻る

  • 基本情報
  • 活動PR1

更新日:2016年02月29日

団体の写真

団体名

全国心臓病の子どもを守る会

子どもの健全育成
フリガナ ゼンコクシンゾウビョウノコドモヲマモルカイ
主な活動分野
  • 医療
  • 障害福祉
  • 子どもの健全育成
設立年月日 昭和49年6月16日
目的 心臓病の子ども達の苦しみをなくするために会員が相互に連絡し、助け合い、みんなで医療制度の改善と社会保障の拡充のため努力する。
活動内容 総会、療育事業(2泊3日のキャンプ)、慰霊祭、クリスマス会、医療講座、毎月1回機関紙の発行
事務所の所在地 703-8261    岡山市中区海吉1539-8 事務局 吉川 綾子
代表者 岡山県支部長 飛田 厚
代表者フリガナ トビタ アツシ
電話番号 086-276-3381
FAX 086-276-3381
Eメール y-a-3my@ms10.megaegg.ne.jp
ホームページ http://www.mamoru-okayama.jp/index.html別サイト
ボランティア登録 岡山ふれあいセンター(岡山市社会福祉協議会 中区事務所)

団体の写真

一人ひとりの命を大切に私達は手をつなぐ

団体名

全国心臓病の子どもを守る会

会員数 230名
活動場所 県内 県外
活動日時 年間行事を決め、活動する
入会金 なし
年会費 1ヶ月600円 年間7200円

活動概要

心臓病児の親達の病院探しや高額な医療費などについて親同士が手をつなぎ、支えあって病気を乗り越えるために、
いろいろな行事をして頑張っています。

活動のきっかけやはじまり

今から50年前に横浜で3才の心臓病児がソ連へ心臓手術に行きました。しかし手術が出来ず日本で亡くなられました。
その時全国の同じ病気を持つ親達がサポートをしました。そして1963年に会が結成され、
岡山支部も10年遅れで設立しました。岡山も来年で40周年を迎えます。

活動への思い

医学は進歩しています。しかし、まだまだ多くの心臓病児が産まれてきます。
誕生を楽しみにしていた我が子が心臓が悪い、いつまで生きることができるか分からない。
親は苦しい心境の中での子育てをします。
少しでも前向きになり、心が明るくなる親になってもらいたく思っています。

活動内容

・5月 支部総会

・8月 (2泊3日)で療育事業(キャンプ)-Drや看護師の方たちと楽しく遊んだり勉強したりします。
 今年2013年は150名程の参加がありました。

・10月 全国のどこかの県で全国大会が開催されます。来年は静岡です。

・11月 慰霊祭-吉備中央町、いわくら公園に20年前に建立しました慰霊碑があります。
 午前中慰霊祭、午後はバーベキューをし、遺族と元気になった病児の親達と交流します。
 
・12月 クリスマス会 岡大、倉中のDrも加わり、昼食は各自自慢の料理を持ち寄り、バイキング、ゲームをしたり、先生とはなしたりと楽しい一日を過ごします。

活動写真

活動写真1

ページトップへ戻る